ブックライティング/「こころ元気に生きる」 – 元気スイッチをONにする41の知恵 鎌田 敏 (著)


ブックライティング実績紹介

「こころ元気に生きる」 – 元気スイッチをONにする41の知恵 鎌田 敏 (著) デザインエッグ社 2017年6月5日に発売

 

人気セミナー講師 鎌田 敏(びん)さんの初書籍のお手伝いをさせていただきました。

 

 

本書は、職場ストレス・子育てストレス・人間関係の悩み・自信がない・やる気が出ない・・・ちょっと凹んだそんなときに役立つ「こころ疲れ」解消法、その名も「元気スイッチ」を41個紹介した本です。

鎌田さんが伝える「こころの健康法」は、効果的かつ苦しい時でも実践可能なものばかりです。私も「仕事のやる気が出ない時」や「疲れたと感じた時」に必ず開くページがあり、その方法を実践しています。10秒でできるのに効果があります!

 

 

著者の鎌田敏(びん)さん

サイン本

著者の鎌田さんはご自身がパニック障害を患われた時に、病気を克服する方法を苦しみながら探し、健康法を学び、それらを実践することで乗り越えた経験をお持ちです。パニック発作が起こった時の辛さは筆舌に尽くしがたいものがあり、「自分は死ぬのではないか」と何度も思ったそうです。

その後、病克服の経験をみんなの「こころ元気のために活かしたい!」とセミナー講師に転身され、今では年間200回も全国各地で講演活動をされています。素晴らしいです。

最初は自宅でマイクを握って講演の練習をするところから始め、家族を養っていけるのか?という不安を乗り越えての現在なのだと話してくださいました。鎌田さんが味わってこられた人生におけるいくつもの「壁」。本書ではこの壁こそが「成長の糧」であるとし、苦難を成長に変える方法も記されています。

 

 

出版記念トークライブ

出版記念トークライブ

この出版を記念して、鎌田さんと京都造形芸術大学副学長 本間正人先生による出版記念トークライブが6月11日に京都で開催されました。本間先生は本書には鎌田さんの「憧れの人」として登場する方です。ほめ言葉に関する書籍をはじめ、書著を多数お持ちです。

イベントの中でやはり1番感動したのは本間先生と鎌田さんのトークライブの内容でした。書籍をテーマに参加者を最初から最後まで、豊かなことばで、ずっと、声を出して笑わせてくれました。

溢れ出す言葉の数々。参加者を楽しませようというサービス精神。ライブ中に本間先生から鎌田さんに贈られる今後に役立つアイデアたち。「追いつけそうもないけれど、本間先生のような人を目指したい」と心から思いました。

ライブの最中には「書籍で気になった項目を紹介し合うワーク」があり、涙がでるほど感動した一瞬もありました。本書には「ほめことば」について書いたパートがあります。鎌田さんの小学校の先生が参加されており、20年も前に生徒をほめたことを残した「ほめたことノート」を見せてくださったのです。

「授業でわからないことがあればすぐに手をあげて言いなさい」と指導されており、分からない点をすぐに質問した鎌田さんを「よく、わからない点を質問できたね」とほめたと書かれていました。会場では「この恩師あっての鎌田さん!」と賞賛の嵐でした。個人的には「誰かを褒めるとはどういうことなのか、褒めることの効果、どのように褒めればよいのか」を学びました。まずは子育てで実践です。

このような感動エピソードが切れ間なく続く最高の90分でした。限定40名で行われたライブは満席。参加者の誰もが鎌田さんのキャッチフレーズである「こころ元気配達人」なのではと思えるエネルギーに満ち溢れた素敵な方々でした。素敵なご縁に感謝です!

 

 

エナジーハンドブック

本書は、元気を速攻チャージしたい時に飲むエナジードリンクのような書籍です。「ああ、ちょっと元気が足りないな」「気分がのらない」「やる気スイッチどこかにないかな?」そんな気持ちになった時に気になるページを開いてみてください。10秒ほどで実践できる様々な元気チャージ法がいくつも紹介されています。元気スイッチは見開きに1つ紹介されているので、どれもわずか1分で読むことができます。いえ、鎌田さんがやさしい言葉で語りかけてくれます!

ある保険のトップセールスマンの方が「この本は薄くて見開きに1要素だから良い。鞄に入れて持ち歩きます。」とおっしゃってくださいました。狙い通りの使い方をしてくださるとのこと、嬉しいかぎりです!

 

 

販売はAmazonオンデマンド限定

本書はデザインエッグ社から出版された、Amazonオンデマンド印刷の本です。一般ではAmazon限定で販売されています。また著者鎌田さんの講演会では数量限定で販売されることがあるそうです。

あなたの書棚や鞄に。こころ元気のハンドブックをぜひ1冊!

 

Comments

comments