美しき棚田のまち新潟「法末」で、絶景・星空・生き物に触れる合宿旅行を体験


居住者約90人の限界集落

hosue-tanada-asahi5

法末集落、棚田に昇る朝日

こんにちは、あやこです。

新潟県にある居住者約90人、43世帯の限界集落「法末(ほっすぇ)」で、廃校を再利用した宿泊施設に泊まり、まちの皆さま・棚田と自然・食材に触れる旅をしました。訪れたのは2016年8月2日〜5日。夏の暑い時期でした。この体験がなんとも素晴らしかったので紹介します!

 

棚田の広がる美しき日本の里山

まずは、法末の見どころを写真で御覧ください。真夏の青々とした棚田や、朝5時に撮影した棚田に昇る朝日、星座を見つけ放題の満天の星空、棚田に沈む夕日などです。

法末集落_62

比較的広めの広い方。西日を受けて黄金色に見えた。

hosue-tanada

真昼の法末の絶景

長岡花火大会・法末集落_104

法末、棚田の夕暮れ

hosue-star_2

法末は夜空も美しい。星の撮影を楽しんだ。北斗七星がキレイに見えた。

長岡花火大会・法末集落_95

棚田に行くために農道を歩くと、意外なことに翌日筋肉痛に。ここでの農作業は想像以上に大変なのだろう。

 

夏は全ての生き物が喜ぶ季節

今回の旅は真夏。私は法末の豊かな自然を満喫しました。

その一方で冬は大変です。ここは日本有数の豪雪地帯でもあるため、冬は民家の一階はほぼ雪に埋まります。立ち話をした90代の方によると、冬は暮らすこと自体が大変と教えていただきました。「夏は良いところなのだけどねえ。」というお言葉が印象的でした。

長岡花火大会・法末集落_102

民家は豪雪に対応したつくり。宿泊施設から離れた場所には茅葺きの家もある。夏の間に傷んだところをなおすようで、数件の家が外壁修理などを自分でおこなっていた。

法末集落_3

雪対応の消火栓。豪雪地帯ならでは。

hosue-tanada-asahi11

虫は基本的に大きい。最も出現するトンボはオニヤンマだった。夏ならでは!

hosue-tanada-asahi10

夜は涼しからか、8月初旬にすすきが見頃。月見の時期には無くなるのだろうか。

hosue-tanada-asahi8

8月は花盛り。

法末集落_17

あまがえると遊び放題!

法末集落_12

朝顔はどこでも8月に咲く模様。

法末集落_13

可愛らしい。

法末集落_4

素朴な花もステキ。

長岡花火大会・法末集落_99

ツル系の勢いは見事!

長岡花火大会・法末集落_106

法末の虫は、カメラマンへのサービス精神あふれている。30センチまで寄らせてくれた。

 

自給自足の元気なお年寄り

法末集落_20

法末の採れたてやさい

集落のあちこちに棚田があり、耕作放棄地が増えたとも聞きましたが、その多くで今も稲作や野菜作りがおこなわれています。

hosue-tanada-asahi6

法末では、基本的に自宅の周りは畑。

これらはほとんどが高齢者の手によるものだそうです。棚田での農作業は、法末を案内してくれた内山さんによると、平地でのそれに比べて何から何まで手間がかかるのだとか。その大変な作業をおちいちゃん・おばあちゃんがされていることを想像すると、随分お元気なのだなあと感じました。

やまびこのご飯.jpg3

やまびこの朝食2日目。キュウリの味付けが、始めて食べる味で、甘くて辛くて驚く。

滞在中その「お元気さの源は食事にある」のではないかと感じました。私が宿泊した、廃校利用の宿泊施設「やまびこ」の食事は、法末の山菜・野菜をふんだんに使った新鮮な食材でできていました。野菜は法末産。料理をするのは施設の側に住んでいるおばちゃん達です。

自分達で育てた野菜と自分でしっかりと料理して食べる。そんな法末の方の生活を垣間見ました。やまびこの食事を通して、自給自足の生活が法末の元気を支えているだと知りました。

やまびこのご飯.jpg2

山菜・法末の野菜がたくさん。

やまびこのご飯

朝食。これほどの品数を朝に食べることはないのでとても嬉しかった。

 

廃校利用の宿泊施設「やまびこ」

法末集落_5

法末自然の家「やまびこ」

先ほどから登場する「やまびこ」。ここはもとは学校でした。今は廃校を利用した合宿的施設として営業しています。教室だった場所を20条ぐらいの畳敷きにして、集団で泊まれる部屋がいくつか設けられています。大部屋に布団をしいて皆で寝る。そんあ「学生時代の合宿」を体験できました。

同施設には4〜5人が一度に入浴できる浴場と、大きな食堂があります。

長岡花火大会・法末集落_103

やまびこには体育館がある

学校だったので体育館もあります。我々はピアノを使わせていただきました。また、地本主催のわら細工を体験するイベントなどもここで行われているそうです。

法末集落_10

隣接のピザ窯。豪雪対応の小屋の中に薪窯がある。

直ぐ側にピザハウスもあります。ここで手捏ねピザを作ることができました。イタリアでピザ作りを学んだという親切な方に教えていただきながら皆で手作り。これは美味しかったです!

法末集落_9

薪窯

法末集落_33

火が美しい

法末集落_24

手捏ねピザ

法末集落_25

あっという間に焼ける

法末集落_26

ふうふう言いながらお酒とともに食べる。最高!

法末集落_31

青空の下でかんぱーい!

 

田舎や棚田を探検してドキドキ!

長岡花火大会・法末集落_93

棚田へGO!

法末の棚田を案内してくれたのはここに暮らしているエンジニアの内山さんでした。

日ごろ内山さんが活動している水田から、明治時代につくられた農業用トンネル、水車のある絶景足湯、神社など、かなり広範囲を四駆の軽自動車で駆け巡る、まさに冒険でした。

冒険と言った理由は2つあります。1つめは、想像を絶する細い農道を四駆の軽自動車でガコンガコン言わせながら疾走したからです。あまりにもスリリングだったので、私は「これは棚田リアルジェットコースター!」とわけの分からないことを言いながら終始興奮していました。

2つめは、その目的地にあります。それらは写真で御覧ください。

法末集落_63

四駆の軽自動車で細い棚田道を疾走する、棚田ジェットコースター体験に興奮!道の下は谷!!!

法末集落_56

美しい轍

法末集落_65

明治時代にある人物が自費で人足を雇い「手掘り」でつくったという農業用トンネル「丑松洞門」

法末集落_71

丑松洞門にはコウモリが住んでいる。ちょうどPokemonGO!が流行っていたので、天然の「ズバット」が出た!と大興奮

法末集落_67

丑松洞門の出口の美しさにドキドキ

法末集落_73

入口付近

法末集落_70

出口側

法末集落_41

かなり細い農道を歩く。山菜採りは崖にはえる木の根を掴みながら降りることもしばしばで、基本的に危険を伴うが、現地ではそれが当たり前だそう。

法末集落_43

農道をつなぐ一本柱をバランスをとりながら歩く

法末集落_44

棚田の赤とんぼはカメラマンに友好的。

法末集落_38

深緑が美しい山探検

かなり広範囲を案内していただき、里山の自然や昔の人の足あとを体験できました。内山さんありがとうございました。

 

絶景の足湯

法末の中心部には足湯が設けられています。ここはただの足湯ではありませんでした。なんと、絶景スポットだったのです。「棚田に夕日が沈む様子」を湯に足をひたして堪能できます。

法末集落_53

法末名物の足湯。ここはかなりの絶景で、とくに素晴らしいのが棚田に沈む夕日。

法末集落_51

朝日の場合は足湯の後ろ側から日が昇り、棚田を背後から照らす。

法末集落_54

湯に足をつけてこの景色を楽しめる!

この時は真夏であついため西日を強烈に受ける状態でしたが、春や秋はさぞ素晴らしいことでしょう。

 

法末、棚田を照らす朝日

最後に紹介するのは、「棚田に昇る朝日」です。

朝日は山の向こうから昇り始め、やがて棚田を照らしていきました。バックミュージックは鳥の声です。あまりにも美しい鳴き声が何十にも重なり、朝日と棚田を彩る様子を独り占めする、そんな至福のひと時でした。

hosue-tanada-asahi

朝5時が美しいと聞いて、朝日を撮りに行った。

起床は、朝4時半。宿泊所のやまびこからも歩ける距離です。車なら一瞬でこの絶景にたとりつけます。

hosue-tanada-asahi2

法末棚田の朝日。

こちらはiPhoneで撮影した動画です。鳥の鳴き声をキャッチしています。

 

おわりに

法末の旅は、オオサカンスペースのみなさん、新潟県の県庁の方、法末の内山さん、やまびこスタッフのみなさまなど、多くの方のお力で実現しました。

これほどの美しい自然を堪能でき、友人との楽しい時間を持て、趣味の写真までも楽しめたことに感謝でいっぱいです。

法末には書いたこと意外にも魅力がたくさんあります。これを読んで興味を持たれた方は、ぜひ一度訪れてみてくださいね。
それではまた!

 

Comments

comments