撮影メインのハイキングに行ってきた 。布引ハーブ園は子連れOK・食べて飲めて歩ける完璧なおでかけスポット

Canon6D

こんにちは!あやこです。今日は、ゴールデンウィークに行ったイベント「写真撮影ハイキング@神戸・布引ハーブ園&布引の滝」について書き残します。それでは、レッツゴー!

satuei-high-king-20180506_3

写真ハイキング@神戸・布引ハーブ園&布引の滝に行って来た!

 

 

撮影メインのハイキングとは?

写真好き・カメラ好き・子どもを撮りたいなど、「撮影をしたい人」だけが集まって「撮る」を楽しむイベントです。機材の縛りは一切無し。一眼レフにかぎらず、iPhone・昔のデジカメ・フィルムも大歓迎。撮影を楽しむことが唯一のルールです。

「写真撮影メインのイベントをしたいね〜」と思った時がちょうどゴールデンウィーク前だったので、GWに決行することにしました。Facebookのアンケート機能で、参加したいと言った人ができるだけ参加できるように日程を調整しました。

 

 

 

誰と行ったの?

コワーキングスペース「オオサカンスペース」で「やろう!やろう!」となったので、今回はメンバー限定で参加者を募ってみました。ことの発端は「フルサイズ一眼 Cannon6DMarkⅡを新調した!」というメンバーさんがいたことです。それなら「撮るメインのお出かけしようよ!」ということになりました。周囲の人に声をかけてみると、ワリと反応が良かったのでイベント化。嬉しいです!

 

参加者は、フリーランスエンジニア・アニメーション制作者・カメラ屋出身アフィリエイター・WEBデザイナー・会社経営者・わたし(ライター)・子ども(5年生の一眼レフユーザー)・4歳時(撮られて食べて甘えるのが主な仕事)でした。

 

 

 

「行き先選び」で考えたこと

季節の花などを撮ろうと思い「藤」を考えたのですが、2018年は桜もそうでしたが藤も開花が早く、GWには散っている可能性が大でした。色んな参加者がいるので「1回目だし電車で行ける近場がベター」と思いました。大阪から行ける近場といえば、神戸・京都・奈良・和歌山などです。

 

熟考の結果、花・建物・眺望・料理・ハーブ・滝・ロープウェイ・実際にハイキングができるなど、被写体と食の要素がいっぱいの神戸「布引ハーブ園&布引の滝」に決定。具体的には、ロープウェイでハーブ園まで行き、ハーブ園から「布引の滝」などを見ながら歩いて下山するという工程です。

 

satuei-high-king-20180506_35

神戸・布引ハーブ園のシンボル的建物

 

 

 

心配事

屋外あそびの最大の心配事は、何と言ってもその日の天気でしょう。今回は、午前中晴れ・午後曇り・夕方にパラパラ雨。夜、ザアザアという、何ともラッキーな日和でした。

satuei-high-king-20180506_7

昼間は概ね晴れ!良かった。

 

 

行動実績

9:15

「新神戸駅」集合。ゴールデンウィークなので混雑を恐れて、朝イチの行動を心がけました。

 

9:40

入り口で「片道&入場券」を購入し、ロープウェイ乗車前に「布引の滝ハイキング&癒やしのハーブガーデン散策MAP」をもらいました。このMAPは今回のイベントではとても重要でした。

布引の滝ハイキング&癒やしのハーブガーデン散策MAP

 

9:50

まずはロープウェイで布引ハーブ園まで一気に移動します。

のりこみます!

 

satuei-high-king-20180506_6

布引ハーブ園専用のロープウェイ。片道950円で入場料も含まれる。

 

 

10:00

当日実施されている「ハーブマルシェ」などの飲食イベントをチェックしました。園内の行動計画を話し合い、布引ハーブ園の園内をみんなで撮りながら散策を開始しました。

satuei-high-king-20180506_9

ハーブ園山頂駅を降りると、レストランや香りミュージアムのある建物が並んでいる。この中庭では季節のイベントに応じてビールや料理を楽しめる。

 

ハーブ園の顔のところで構図を頑張って撮影しました。

 

satuei-high-king-20180506_32

杜のホール・バラ園など、見どころ満載

 

satuei-high-king-20180506_11

撮りたいものを撮れるだけ撮ります。何と言っても「撮る」が主なイベントです。

 

satuei-high-king-20180506_17

100種類ぐらいの香りを比べることができるミュージアムはとても楽しかったです。

 

satuei-high-king-20180506_18

自分の性格を香りで診断するコーナーも。

 

satuei-high-king-20180506_20

園内は花がいっぱい

 

satuei-high-king-20180506_21

展望台でみんなと

 

satuei-high-king-20180506_25

ハーブ園の展望台からの眺め

 

satuei-high-king-20180506_34

園内の建物はなかなかの被写体

 

集合写真も通りすがりの方に頼んで撮影。構図を決めてから依頼し、「建物のここから、腰上までを入れてください」という風にお願いするのがコツ

 

 

11:00~12:00

めぼしい場所で「布引バーガー」「ステーキ」などを食べて撮って飲みました。

satuei-high-king-20180506_104

レストランやカフェなど、食のスポットが充実している

 

satuei-high-king-20180506_45

ハーブマルシェを開催しており、柔らかいステーキを楽しめた

 

satuei-high-king-20180506_46

ホットドッグ。パンがもう一つとの感想がw

 

satuei-high-king-20180506_106

布引バーガー。1個1,000円。こちらはおいしい!と評判。ワインもまあまあの味。

 

食も撮ります!

 

 

12:00~

ハーブ園を撮影しながら「風の丘中間駅・ハーブ園出入り口」まで下山します。

satuei-high-king-20180506_14

とにかく花がいっぱいです。

 

satuei-high-king-20180506_63

ラベンダーでしょうか。

 

satuei-high-king-20180506_71

俯瞰で撮るのも好きです。

 

satuei-high-king-20180506_75

この花に興奮しました。

 

satuei-high-king-20180506_80

星が可愛いです。

 

satuei-high-king-20180506_88

フラクタルな♪

 

satuei-high-king-20180506_92

ハチ類は豊富に♪

 

satuei-high-king-20180506_93

カナブンの一種だそうで。何回聞いても名前を覚えられませんでした。

 

satuei-high-king-20180506_99

ローマンカモミールか、ジャーマンカモミールか分かりませんがステキでした。

 

satuei-high-king-20180506_107

尺取り虫にも会いました。

 

satuei-high-king-20180506_109

この日「最高の1枚」がこちらです。

 

 

14:00~

ここからはハーブ園を出て、「布引の滝ハイキング」へGO!です。滝や自然を撮りながら下山します。ゴールは、出発地点と同様の「新神戸駅」です。

satuei-high-king-20180506_122

五本松堰堤

 

satuei-high-king-20180506_125

五本松堰堤の上

 

satuei-high-king-20180506_127

布引ダム(五本松堰堤)

 

satuei-high-king-20180506_134

五本松堰堤

 

satuei-high-king-20180506_136

五本松かくれ滝

 

satuei-high-king-20180506_140

滝とてんとう虫

 

satuei-high-king-20180506_141

川面

satuei-high-king-20180506_145

猿のかずら橋

 

satuei-high-king-20180506_147

みはらし展望台

 

satuei-high-king-20180506_155

山道

 

satuei-high-king-20180506_158

4歳児を先頭に下山

satuei-high-king-20180506_162

雄滝

satuei-high-king-20180506_168

雄滝の下段部分

 

この後新神戸駅に到達し、無事、ハイキングは終了しました。私は500枚ほど撮影し、150枚ほどRAW現像しました。1日中カメラを持って撮りまくることができてとても充実した1日でした!

 

16:30~

神戸三宮駅周辺で懇親会という名の写真見せあいっこと、早めの夕食&飲み会をしました。体を動かした後のお酒はまた格別です♪

 

 

 

感想

まずは行動計画が大事と思いました。というのも、「朝イチ集合」にしたことで混雑を完璧に避けることができたことはナイスな判断でした。

 

何より1日中撮影できて最高でした。私としては、みんなが「楽しかった!また行こう!」と言ってくれたことが本当に嬉しかったです。

 

また、小5の一眼レフフォトグラファーの感性はステキでした。4歳児がみんなの助けを借りつつ下山できたことも良かったです。「GWに子どもと出かけて、子どもの写真も撮りたい」という希望がかなった方がいたことも良かった(子どもを育てる身として共感)です。他にも、漫画家さんから「素材撮影ハイキング」の着想を得た、と言ってもらえたこともHappyでした。

 

ハイキングの翌日はRAW現像をしたり、Facebookグループで写真をシェアしました。Googleフォト(Picasa)で想い出を時系列で残し、シェアする技も共有しましたよ。

 

 

まとめ

「撮れること」と「食べ飲み」がセットだと、こんなに幸せだなんて!と実感しました。最高のゴールデンウィークでした。

 

第2回も開催予定です。

 

「竹田城跡・雲海を撮りたいよ!」「吉野山の山桜」「ボリビアのウユニ塩湖」「ニュージーランド南島・テカポの世界一美しい星空」などの案はみんなに「ハードル高すぎ!」と却下されたけど、誰でも参加できる場所での第2回目は「やりたい!」と言ってもらえて大変嬉しい結果となりました。

 

また行こう!

Comments

comments