あやこ記録する。
写真好きライターあやこのブログ
旅行

JR北府中駅の「東芝専用口。まさかJRに一企業専用の出口があるなんて!これは高度成長もバブルも知らない世代ならではの驚きなの?

JR北府中駅・東芝専用口JR北府中駅・東芝専用口
JR北府中駅・東芝専用口JR北府中駅・東芝専用口

 

一企業専用のJR出口を見たのは生まれて初めてでした。

あまりに衝撃的で、北府中駅・東芝専用口でググりました。

到着した時は、仕事で北府中駅が初めて、

ここが「東芝町」一番地だということも知りませんでした。

出口の先にあるのは、東芝府中事業所でした。

敷地面積は約770,000平方メートルにおよぶ広大さだといいます。

東芝町1番地の地図(googleマップより)東芝専用出口の先は、東芝町1番地。東芝の府中事業所が広がる。地名まで企業名とは恐れ入るばかり。地図(googleマップより)

 

ここは、東芝グループの生産拠点のひとつで、

Wikipedia(ウィキペディア)によると、

主に産業機器、OA機器、鉄道車両、放送機器、通信機器などの

開発、製造工場として機能しているということでした。

 

面白いことに、

新幹線・電気機関車などの鉄道事業もここでやっているそうで、

北府中駅構内から東芝内へは専用の線路があり、

鉄道車両などの搬出入に用いられているとのことです。

敷地内には旧国鉄の103系(クハ103-525)や

クモニ83006が保管されていて、

車両は北府中駅や武蔵野線車内から見ることができるそうです。

知っていれば、写真撮りたかったな。

 

さて、今後の日本で、俺専用の出口を設けたほうが生産性が上がる

よ〜し!という経営判断をして、専用口を作っちゃう、

そんな男前な企業はどれほど生まれるのでしょうか。

高度成長期やバブルを知らない私、

工場は海外に作るのが当然という時代に社会に出た私には、

この専用口が、なんだか史跡に思えるのでした。

そうは言っても、今のところ

世界一かっこいい鉄道は「新幹線」で間違いありません!

東芝さん応援しています。

 

おっしまい。


Comments

comments

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です