CPIレンタルサーバーにお引っ越しをしました

 

本日『あやこ記録する。』はCPIレンタルサーバーにお引っ越しをしました。右も左も分からなかった10年前に契約した「安さダントツの某有名レンタルサーバー」から、「お客様事例」のお仕事でお世話になっているKDDIウェブコミュニケーションズ社のCPI共用サーバー「シェアードプラン」への乗り換えです。

 

 

月額3,800円。収益を上げるサイトには安い

月額料金はこれまでのサーバーの10倍(もとが安すぎるのですが)ですが、それでも軽くもとがとれます。というのも、CPIはドメイン数無制限・アップロードできるデータ量も無制限なので、何サイトでも1契約・3800円で稼働できます。

私は実際に複数のサイトを稼働させているのですが、ここからの収益を考える3倍の料金だったとしても価値を感じます。いつか100サイトぐらい運用してみたいです。他社には色々無制限でもっとお安いものもありますが、CPIは次の点が素敵なので、高くてもいいと思っています。

 

  • 抜群のサーバーの安定感
  • 不具合の時にはきちんとお知らせしてくれる点
  • ハイスペックな機材を使っている点
  • 何世代もバックアップを自動でしてくれくれる点
  • いざとなったら都合の良い過去のデータに簡単に戻せる点
  • フリーダイヤルで電話相談ができる点

 

フリーダイヤルがしっかりつながる

運用時に助かる電話サービスは素晴らしいです。「困りごとが起こった時にはフリーダイヤルですぐに相談が可能」です。サーバーの知識が少ない私のような者には本当に助かります。この点は企業様のホームページご担当者さまにも受けがよく、CPIの「お客様インタビュー」でも高評価でした。

知識が少ないのにサーバーを扱うのは至難の技です。専門用語の壁にもぶつかります。調べても解明できないこともあります。そんな時に人に相談できるのがCPIです。たとえ相談内容がサポートの対象外のことだったとしても、話をしているうちに解決のヒントをいただくこともありました。

 

スペシャルサンクス

今回の乗り換えにあたり、オオサカンスペースの代表大崎さん、同スペースメンバーでデザインエッグ社の佐田さん、KDDIウェブコミュニケーションズの森下さんに大変お世話になりました。本当にありがとうございました!

感謝・感謝・感謝!